HONEY MUSTARD shimokitazawa

ばっさりショートには抜け感ショートボブが挑戦しやすい!ヘアスタイルのマンネリ脱却

634 views
約 1 分

ボブからもう少し切りたい!

そんな時に挑戦しやすいショートボブ

いきなりショートにするのはもったいない気がして、抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ショートボブなら、ボブとショートの間くらいの感覚なので挑戦しやすいと思います。

ショートボブといっても人それぞれで想像がつきずらい方も多いと思いますので、実際にばっさり切った方のスタイリングをご紹介したいと思います。

その1.

ボブからのスタイルチェンジでばっさりカットしました。

サイドの長さと、トップの毛も長めでサイドはあまり段を入れずに切ると

ボブっぽさが残って、ショートとボブのいいとこ取り!

後ろは丸みが少しつくように段を入れて、襟足はギリギリの長さでカット。

前下がりに切ることで少しクールな感じにもなります。

コンサバになり過ぎないように、セットは抜け感を出すことを意識します。

抜け感を出すのは適度に隙間を作ってあげることが大事です!

少し耳にかけて隙間をつくったり、カットも束感がいい感じに出やすいように間引いたりしています。

今回はウェットのスタイリング剤だったのでよりクールな印象になりました。

beforeがこちら

このくらいの長さもいいですが、切っても違和感も全くなくいい感じ〜

ずっと切りっぱなしボブが続いていたのでイメージチェンジにいいですね!

カラーもブリーチハイライトを入れてアッシュバイオレットをオンカラー。

暗め、濃いめでも透明感のあるちょうどいい色味に。

色落ちも綺麗だしおススメです!

ウィービングブリーチハイライトについてはこちらをご覧ください↓

ウィービングブリーチハイライトで自然に見せる透明感カラーとは

その2.

ロングからばっさりショートのお客様

少し軽めなショートボブがいいということで、前の方とトップの毛にレイヤーを入れて、軽やかなショートボブに。

サイドも程よく段を入れました。

1番はポイントカラーを見せるために

段を少し入れて、毛先からチラリと見えるように切りました。

インナーカラーは色落ちも楽しめるようにブルーバイオレットを濃いめにいれました。

徐々にベージュになっていくようなイメージです!

インナーカラーについてのブログはこちらインナーカラーやポイントカラーの入れ方や見せ方、色の種類について

beforeを撮り忘れてしまいましたが、、とても違和感なくお似合いです!

まとめ

ショートボブにが挑戦しやすい理由は、、

・女性らしい雰囲気

・セットのしやすさ

・今後また伸ばすときに伸ばしやすい

今後また伸ばしていきたいときはまたボブに戻していくことになると思います。

段が比較的低めなので、ショートよりもはじめてのばっさりにはおススメです。

2018年の流行ヘア、切りっぱなしボブからマッシュウルフにイメチェン

こちらも少しエッジの効いたデザインでスタイルチェンジにおすすめですので是非ご覧ください!

ウェブ予約はこちらから

この記事を書いた人

キガワシオン
一人一人に合わせたシンプルな抜け感のあるスタイルをご提案させていただきます。少しエッジの効いたデザインもスキです。髪質やクセを活かしつつ、扱いやすいヘアデザインを目指してご提案させていただきます!
趣味:
音楽、アウトドア、カレー

得意なスタイル:
ニュアンスショート、抜け感ボブ・ミディアム、
透明感アッシュグレージュとデザインカラー