HONEY MUSTARD shimokitazawa

2018年の流行ヘア、切りっぱなしボブからマッシュウルフにイメチェン

2027 views
約 1 分

2017〜2018年に流行った髪形といえば「切りっぱなしボブ」

長さは人それぞれでしたが、「切りっぱなしボブ」人気は想像以上でした。

2016年の終わりくらいから徐々に人気が高まり、最近まで続く定着ぶりを見せ、未だオーダーの多いヘアスタイルです。

私もたくさん切ってきました。

ですが、そろそろ。。。。

切りっぱなさなくてもいいんじゃないか。。。

そんな気配、感じます。

さすがにみんな飽きてきてないですか?

伸ばすのか、ショートに切るのか、悩んでいる方も多いですよね。

何か変えたい。

けどどうしたら。。。

2018年〜2019年のヘアスタイルは「マッシュウルフ」

いかがでしょうか?

先日も、伸ばそうか、切ってしまおうか、もう少し伸びたら結べて便利そうだし、、でも雰囲気変えたいし、、

なんてお悩み中の私の後輩の女の子がお店に来てくれました。

ずっと悩んでいたのか、だいぶ伸びていますね。

前回インナーカラーにしたのですが、その部分も

伸びてます。

今回のマッシュウルフにもポイントが欲しいので、インナーカラーも継続することに。

より自然につなげるために、今回は全体とインナー部分にもブリーチハイライトを入れることに。

全体とインナー部分にハイライトが入りました。

インナーカラーの根元が伸びてきた場合も、このようにハイライトでつなぐ方法もあります。

インナーカラーの根元問題でどうしたらいいか悩んでいる方も多いですが、選択肢の一つとしてかなり有効でおすすめですよ。

ここから、インナーカラーはビビットなイエロー、ベースにはアッシュベージュをON。

ビビットなイエローのインナーカラーが映えるマッシュウルフ。

マッシュはマッシュルームカットのことで、

このように顔まわりを広めにラウンドさせて切ります。

ウルフカットは昔流行ったそれとは違い、

トップは長め、首まわりにわざとらしすぎない「くびれ」を作るのが今っぽい。

切りっぱなしボブが終わっても、外ハネの人気は継続しそうです。

ブリーチしていない方はパーマもかけましょう!

今までもそもそもマッシュショートは流行っていましたし、ウルフも来るぞ来るぞと言われ続けて、ようやく、といった感じですが、ウルフカットは美容師さんによってかなり違います。

漠然とウルフカット、とオーダーすると、思ったのとだいぶ違うオオカミにされてしまうことも。。

昔風のウルフカットにされてしまわないよう、イメージをしっかり伝えるのが無難です。

私はナチュラルな中にどこかエッジを効かせたスタイルが好きですので、シンプルで馴染むカットラインに強めのカラーデザインとか、エッジの効いたカットラインには潔く黒髪、とか対比を感じるデザインが得意です。

切りっぱなしボブからのイメチェンはマッシュウルフだけではありませんが、長さ自体はバッサリじゃなくても、イメチェン効果は絶大ですので、今1番推しのスタイルなのは間違いないです。

なんか飽きたな〜という方はぜひご相談ください。

長さもセミロング、ミディアムの方にもウルフおすすめです。

ずっとワンレンベースのAラインシルエットで飽きが来ている方もぜひ!

私は月曜日がハニーマスタード出勤ですので、月曜日に会いに来ていただけるとすごく嬉しいです!

心を込めて仕事します。

ウェブ予約はこちらから

この記事を書いた人

HONEY MUSTARD shimokitazawa代表カナヤマ ミツマサ
【HONEY MUSTARD shimokitazawa】
【CHERISH kameari】
2店舗を経営。2児の父。
月曜のみ出勤。

好きなモノ:
音楽、お酒(※現在禁酒中)、仕事、仲間、読書、ランニング、自然。

苦手なモノ:SNS
Follow :